押し補助を思い出せ!紅殻魔スコルパイド想定 最強常闇の竜レグナード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

以前の記事で紅殻魔スコルパイドはパラ魔構成がいいのではないかということを書かせていただき、やっと収録ができました。

2018年10/21(日)に最強レグナードで収録しました。基本的なことが多いですがどうか思い出してください。

スポンサーリンク

最強常闇の竜レグナード攻略法

と言ってもレグナードは1~4で特に攻略法が変わるわけではない。

ほぼ全部やることは一緒。1だけあまりにも魔法使いの削りが早くて雷がキラポン撒き終わる前に来ることもある。

今回は紅殻魔スコルパイドで僧侶の押し補助をすることを想定しパラさんには思いっきり重さを抑えてもらった。

この通りです。

わざと重さを抑える

通常攻略であれば過去記事の通り完封できます。→ バージョン4.0版 常闇の竜レグナードに行ってみた

 

開幕

タゲ判断。もし開幕パラで死亡時はやり直していいよ。

タゲになった人は短縮コメントか「t」一文字でタゲであることを知らせる。

これで レグナード>パラディン>タゲの一直線を作る。

タゲを知らせる

ターンエンド処理方法

レグナードのターンエンドは以下の通り

通常攻撃2回突っつく・はげしいおたけび・ウイングダイブ

25%程度削ると

テールスイング・裁きの雷迅が来る。

これらの対処方法ですがパラディンはファランクスかアイギスの守りの上大ぼうぎょで耐える。

魔法使いの目安は早読みメラゾーマ3発後にエンド行動に備える

ウイングダイブ

ウイングダイブの時の後衛は首の向きにレグナードが一直線で飛んでくる。

僕の場合はジャンプしてくるよというのを味方に知らせた後で

ウイングダイブだ

左右にかわしています。そしてレグナードが通過したのを見て元の位置に戻る。

通過

テールスイングはジャンプでかわせる。初手行動もあり得るのでレグナードが動き始めるまでは警戒。

文字が出たら

文字が出たら

ジャンプ

ジャンプ

裁きの雷槌はどこに飛んでくるかわからない。感電ダメージが厳しいため事前にキラキラポーンを撒いて対抗する。

僧侶のターンが厳しい場合もあるので、その時は魔法使いは文字が出た瞬間にせかいじゅのしずくを撒けると尚良い。

 

 

僧侶の押し方・タゲ判断

ここがこの記事で一番重要。僧侶はまずタゲ判断をする。

判別方法としては軸から少しだけ外れてレグナードの首がこっちを向いていないこと。向きっぱなしだったら自分タゲだ。

自分がタゲあるいは壁ドンできてたら、下がって魔法使いにキラポンと聖女とホップスティックを撒こう。

下図のように自分ではなく後衛の魔法使いに向いているあるいは後衛の魔法使いに怒っていたらチャンス。押せッ‥‥!壁まで。

タゲ判断

基本パラさんと重なるように。

パラと一緒に押す

そしてレグナードが動き始めてからの秒数をカウントしておく。

10秒で後ろにはなれる。スペースがなく押し優先しないといけない場合は最大12秒。

これでエンドのはげしいおたけびをかわせる。

ブログランキング

 

竜の咆哮に対処する

竜の咆哮は黄色くなった後のエンド後あるいは怒った後に発動する。

怒りが切れてるといつ来るかわかりません。

竜の咆哮でのショックはまもりのたてで防げる場合がある。

常闇3種同様の特技を使ってきますが、結局レグナードが一番射程が広かった。

補助押しが必要なのはこのためでもあります。咆哮の射程外に魔法使いを逃がすため。

 

怒ってない時で近距離からメラゾーマを打つといきなり方向を打ってくるので全滅のリスクが非常に高くなります。

魔法使いの方はここはレグナードをどこで怒らせるかという咆哮コントロールをしましょう。

咆哮押しや咆哮コントロールについてはここでは割愛。もしスコルパイドでこれが要求されたら…書きます。

 

最後に集合

うさぎ大集合

最後に勝てたので黄色のうさぎ×3とピンクのうさぎで集合写真。これでバージョン4.3に収録したものであることも証明できたと思います。

ただもう1年前です。忘れている人が多いと思います。この日曜の朝、達人クエストで防衛軍造魔兵団に行ったら、ケツ結界の盗賊がいたんです。

それぐらいヤバイ。

以上で紅殻魔スコルパイドを想定したメイヴとレグナードの記事はおしまいです。また明後日に向けて準備をしていきたいと思います。

人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください