バージョン4ストーリーとバージョン5ストーリー考察【ネタバレあり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログランキング ↓1日1回クリックお願いします

バージョン4.5ストーリーのここまでの考察とバージョン5ストーリーについてちょっと触れています。

当然ネタバレありがあります。バージョン4.5メインストーリー未クリアの方は見ないようにしてください。

 

スポンサーリンク

ネタバレがあります

バージョン4ストーリー

5000年前のエテーネ王国と現在世界のエテーネ王国はなぜ共存するのか?

オンラインゲームという大人の事情

もあるんだけど

メテオの進行を100年遅らせた時間で止まっている。

外から見てみよう

突き刺さるメテオ

マローネはどこにいるかとパドレア邸で撮った写真がこちら

上から見た図

大エテーネ島の位置は予測できてた?

そりゃあもう。2017年11月の時点で現在世界の接点でここだろうという写真を

マデ島の端

クリア後はこうなります

クリア後の絵何もないところに大エテーネ島登場。

2017年11月当時の考察記事はこちら

バージョン4.0ストーリー「遥かなる故郷へ」クリア後に気になるところ

 

その他スレア海岸からも確認できます。

スレア海岸から

 

続きはバージョン4.5後期?

パドレは閉じ込められたままであり、マローネもパドレア邸に戻したというが入れない。

エテーネ王宮にも再進入できないままである。

またこの件はバージョン4.5後期に明らかになっていくだろう。

王位はパドレで承継で。

 

番外編:キュロノスは紅殻魔スコルパイドに勝てるのか?

普通にやったらスコルパイドが強い。

しかし時間停止9999ダメージが使えるなら勝てる

ブログランキング

バージョン5ストーリー

はじまりはここ?ガミルゴの盾島

ここが魔界の入口なのか?

ガミルゴの盾島

ゲルト海峡よりバンジージャンプするか肉眼でも確認できる。

ここでガミルゴの盾島に関わる話をクエスト094 ラダ・ガートの誓いの中でディウさんから聞くことができる。

紫色の霧が噴出し、触れた者を魔物に変えたという。

その穴を自ら巨大化し同じく巨大な盾をもって封じたのがガミルゴの盾島。

 

魔族ではないか?

あの新キャラは魔族ではないかと思われる。

肌の色や角の形は竜族とは異なっている。

学園で魔族化したリソルの映像が欲しかったが見当たらなかった。

思い出映写機では学園までたどれなかった。

イメージとしてはDQXショップのブラッディスーツセットで我慢してほしいのと

リソル装備約束の旅人シリーズで出てきたこの子。シェルキルさんから魔族のイメージはつかめると思う。

シュキエルさん

歪めてしまった因果律の果てに

やってしまったことは暁美ほむらですよ。滅びの未来を変えようと過去に戻ってやりなおして・・・

世界の滅亡は避けたけれど別の何かが生まれてしまい・・・なんてことが・・・

そしてキュロノスを倒した後の戦禍のタネは一度トビアスクエで出てきている。

旅芸人ピュージュピュージュはまた別の世界にいるようだが・・・

バージョン5ではいよいよ魔族が登場。そして異界滅神ジャコヌバ及びピュージュと戦うことになるのか?

でもたぶんバージョン5で最後じゃないとは思いますよ。

オリハルコンがキラキラマラソンで拾えたり、冒険の旅がフィールド音楽に使われたりしない限りは。

 

今回出てこなかった。あの大きな手。闇の根源。

この戦禍のタネは今までのネルゲル・マデサゴーラ・ナドラガと違い、

闇の根源が直接あるいは間接的に送り込んだものになるのだろう。

 

最後にバージョン4ラスボスのお手伝いについて

昨日やってきました。きっついです。

かわせるものはかわしたり、耐性は用意する。弓ポンキラポンしてる余裕はないです。

1か月後には難易度選択はできるようにはなりますが、

それでも早く勝ちたいという方、僕は土・日で時間がある時に

サーバ1の最終決戦前のエテーネルキューブポイントに行ってお手伝いすることもあります。

昨日はあのまじめもふさんとサじさんも来てましたよ。

まじめもふの冒険日誌

サじの日記

 

あとあの青うさぎさんを勝たせるのにお手伝い予定です。

この模様はニコニコ生放送をする予定です。土・日のどこになるかは青うさぎさん次第です。

カカロン抜きで初見討伐した飼育係(もっといい名前ないかな?)の実力を見よ!

人気ブログランキング

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください