平成時代のドラクエ10 を振り返る バージョン1.2編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログランキング ↓1日1回クリックお願いします

令和時代が半月後です。

ここで平成時代を振り返るシリーズです

これまでの振り返りはこちら

バージョン1.0編

バージョン1.1編

スポンサーリンク

バージョン1.2 世告げの姫と魔法の迷宮

平成24年(2012年)12月26日アップデート

新職スーパースターと魔法戦士実装

魔法の迷宮実装

特訓実装

美容院実装

アクセサリー合成屋実装

汗と涙の結晶実装

今度のレベル解放は・・・

実装後すぐメンテ

特訓についてはまた次回

魔法の迷宮が日課だった

当時の魔法の迷宮はオートマッチングでインスタンスダンジョン(入るたびに形が変わる)を進んでいきボスを倒し、

報酬の福引券を手に入れるというもの。

毎日日課にしてました。

強ボスがポピュラーに

一部の層に限られていた強ボスが行きやすくなりました。

バージョン1.3にかけてになるのですが、トレンドの構成は武・武・魔戦・僧

魔法戦士でバイキルトをして武闘家がタイガークローを撃つ。一喝も強い!
当時の武闘家は強かったんですよ。MPパサーもあるから枯渇しない。

でもそれでも全滅するので、辻ザオというものがありました。
これは全滅で出てきたパーティの僧侶にザオして助けてあげるというもの。

当時はせかいじゅの葉も貴重でしたから。

辻ザオの早さを争う人もいました。

今はもう強戦士の書もあるので使いませんし、全滅したら邪神の宮殿に戻ってますね。

レベル上げはガルゴル・イーター

手なづけガルゴル

これはレンジャーがガルバを手なづけて仲間(ガルバ・ゴルバ)を呼ばせて、魔法戦士はMP回復役。

他の2人で回復と火力というやり方が浜辺の洞くつ・最果ての地下遺跡で行われていました。

元気玉残り2分で切って別のシンボルに当たり、玉給がおいしかったです。

レベルが上がってくると狩人のほら穴のレッドイーター・ブルーイーターに移行していきました。

レンジャーを見つけるのが大変な記憶がありました。

業者との戦い VSリュウイーソー

旅芸人のレベル上げ兼金策としてメギストリス領のリュウイーソーを狩ってました。

通常通り倒す方法とにちりんのこんで殴る方法がありました。

業者はとにかく無法にちりんでなぐる。それを先回りし倒す。通報するということをやってました。

その後リュウイーソーの獲得ゴールドは44→24Gと下げられ、

その代わりに日替わり討伐が実装されました。

結晶金策

当時はレベル21装備がうまいということで、みかわしの服やはやてが流行っていました。

結晶金策は形を変え現在も続いています。

次回以降

しばらく翠将鬼ジェルザーク対応のため、平成時代と令和時代をまたがり、
さらにバージョン5までの空いている時間にやって行きたいと思います。

人気ブログランキング

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください