最強ジェルザーク討伐 詳細経過報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログランキング ↓1日1回クリックお願いします

昨日討伐しました最強ジェルザークについて、その詳細経過をお伝えします。

スポンサーリンク

事前打ち合わせ

午前中組んでたお二方の職はそのままで、僕が魔法使いに入る。

そして緑玉指名の方が入ったことで打ち合わせ。

魔法同士の打ち合わせはやるけど、魔戦と僧侶の打ち合わせも重要だよ。

打ち合わせやはりエンド処理についてが重要です。

ブログランキング

 

開幕

僧タゲが続きます。

こういう時は魔でしずくを撒きます。

僧タゲは魔で回復

4分経過

最初の大号令飛ばしチャンス

後述しますがここが勝負どころと見た魔法戦士さんはフォースブレイクを雑魚に撃つ

大号令飛ばしチャンス

メラガイアーをぶっこみ撤退成功からの大号令飛ばし成功。

火力ぶちこめ

よくここで火力ケチる魔法使いがいるけど、あとで大号令飛ばした後に削る方が削れるんだからここを最速で撤退させよう。

実はこれについて過去に記事で出していました。

号令回数を減らすには

 

大号令飛ばし後は

天使入れた僧侶が残るが、タゲの魔戦めがけてツッコミ避けも有効ですぞ。

地砕喰らってでも大号令飛ばしを成功させることが最優先であることは言うまでもない。

 

そして陣形が崩れるがそんな時はタゲの人は味方をひっかけよう

味方引っかけ

実は陣を引く位置は

タゲ壁が成立していて、中央陣から内周陣回しに移行する際陣を引き直すのに実はいい場所がある。

それはジェルザーク通過の後ろ

おし。成立してるな

このようにタゲ壁成立し外に引っ張っているのであれば

通過後の跡地に

このように通過後の跡地に設置します(もうちょっと外でよかったかも)

10分黄色

10分黄残り10分36秒 黄色を確認。

この後ボルケーノ処理にも成功するが‥‥

 

ピンチ

ピンチ

しかしピンチが訪れる。

ジェルソルジャー2体+ジェルザーク本体は3回行動

ここからどう巻き返すかというと

FBで飛ばす

 

葉っぱリレー→活命の杖で機を伺う。それは。リミットマグマ。

魔法戦士の人にフォースブレイク依頼をし、そこにメラガイアーをぶち込み撤退させる。

この短縮チャットを作ることで魔法戦士の方も本体に取っとこうかな~

と思っているかもしれないフォースブレイクを遠慮なく雑魚に入れることができる

このあともう1回同様のピンチがあり

そして

 

2:50赤

2:50赤

ここではリミットマグマとリミットボルケーノが重複しています。

事前の打ち合わせで魔法使いさんと「マグマとボルケーノが重複したらマグマ処理」と決めていました。

なぜならマグマは5分ぐらい消えないのに対してボルケーノは約1分だからです。

ボルケーノ発動後は

活命の杖を入れます。

活命の杖

これでこの後自分タゲなのですがワンパン耐えられました。

ワンパン耐え

2分切ったらダメージをすべてボスに

ここでボルケーノ後に呼ばれたソルジャーがマグマやりそうだったのでこれ

すべてのダメージをボスにわかってるだろうとは思うけれどこれ。

そして最後

自分も陣CTないことを伝えてましたが、相方の魔法使いの方はなかなか陣を引こうとしません。

陣ないことを伝えるも

これは後から「マグマが発動した後に陣を敷く位置を決めようと思っていた」そうです。

マグマ発動後に位置を決める

もう最後はヤケです。翠将の喝破受けて全バフ解除されてることなんて頭にありません。

(実は魔力かくせい→メラガイアーに時間がありました。この間7秒)

翠将の喝破

マグマがでようがこの時間ならもう撃つ

もうヤケ

おおおお

最後糞ダメだけど

勝ったぞおおおおおおお(最後糞ダメだけど)

 

最後に

討伐にこの回を含めここまでお付き合いいただきました皆さん本当にありがとうございました。

ジェルザーク戦前までに最強討伐手伝い依頼ができるクラスのフレンドはほとんどいませんでした。

それもみな初日討伐は厳しかった。

あとは後日反省会を開きますが、ここまで実装からの経緯を振り返るとともに

なぜか昨日「T.M.Revolution23周年だから何かあるかも」とシフト休を勧めたリアルの趣味仲間にも感謝しています。

(実際は何もなかった)

 

そして平日昼間って何が大変かというと、「メンバー集め」

できる人がいない。

僕のフレンドさんはそのほとんどがちゃんと働いています。その上で勝っている人もいます。

ということで戦いは続く。あと2職。

 

人気ブログランキング

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 匿名 より:

    長い戦いでしたね
    おめでとうございます

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください