バト構成青様入りジェルザーク2に勝ったぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログランキング ↓1日1回クリックお願いします

一部の人しか知らない。翠将鬼ジェルザークを含め常闇・聖守護者には裏モードがあることを。

それは「青様入り」。通称「青様チャレンジ」である。

その裏モードに挑み続ける勇者たちがいた。

スポンサーリンク

バト入り構成

今回のメンバー

今回は右から主宰のまおうくんさん(バトルマスター)

リリアーヌさん(僧侶)ブログ:ドラクエ10エルフの羽根は食べられませんっ!

青様(魔法使い):ドラクエ10うさぎの独り言

そして自分(魔法使い)

という構成です。

 

 

バト構成青様入りの場合

バト構成の場合、バトルマスターが壁の位置に入り、常時削る。

プレートインパクトでジェルソルジャーほかの魔法防御を下げる。

プレートインパクトを使う

魔法使いもぶきみなひかりやぶきみな閃光で魔法防御を落とす。

そしてマグマ処理はバトと魔1人で行う

マグマ処理

え?壁はって?

僧侶がやってる。

通常のバト構成の場合はバト壁で本体削ってもらえれば大丈夫です。

これが通常の難易度1が難易度4・難易度2が難易度5だというお話です。

 

バト構成の利点

フォースブレイクを気にせず、CT溜まったらメラガイアーを撃っていいこと。

撃て撃てメラガイアー青様上機嫌です。

デメリットとしては必ずしもジェルソルジャーに魔法防御低下が入っているわけではないこと。

ここが難しい。

ブログランキング

 

魔法使いのやいば受けとは

開幕魔法使いがタゲだった場合そのまま逃げるのでなく

壁が抜けないフィールドギリギリのところでやいばのぼうぎょで受けて

やいば受け

即移動。反撃をすぐさま回避

逃げる

さらに聖女を残すこともできました。これで僧侶が1ターン負担を減らすことができました。

 

結果

8分黄・5分赤での討伐タイム17分でした。

17分で討伐

黄・赤共にリミットマグマとリミットボルケーノがかぶりましたが、この間の称号戦で

ボルケーノ出してでもマグマ止めてソルジャーの数を減らしてボルケーノ後は活命の杖入れて耐える方が安定することがわかったので

今後はこの方式を取り入れます。

その様子はこちら:最強ジェルザーク討伐 詳細経過報告

 

それから青様は陣引いたりタゲ下がりできたりできるようになってきてるよ。

あとはジャンプと陣の上から撃つ

今後について

最強もやるそうですがそのためには練習が必要とのこと。この後のレポートについては青うさぎさん(青様)のブログで

 

人気ブログランキング

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください