中央陣・壁外しの前に基礎が重要な翠将鬼ジェルザークの魔法使い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサーリンク

すしざんまい

昨日はすしざんまいの前を通りかかったのでサムネはこれです。

翠将鬼ジェルザークの攻略については色々な攻略法が広まりました。

昨日青さまが一緒に練習したいと言ってきたので行ってきました・・・が・・・

スポンサーリンク

魔法使いの基礎とは

1にも2にもタゲ判断である

まずここから始まる。それは中央陣だろうと内周外周回しだろうと変わらない。

自分だけじゃなく他人のタゲも確認しておきましょう

例えば以下のシーン

自分に爆裂の計が来てます

自分に爆裂

味方から引き離そうとしてますが

だめだうさぎはわかってません

なお爆裂の計はやいばのぼうぎょで耐えます。

 

なぜタゲ判断が軽視されているのか?

それはレグナードの時には免除されていたからが要因の1つ。

タゲ判断によって対処法を決める。

タゲ判断は僧侶で行い、魔法使いはターンエンドだけ理解しておけばよかった。

 

自分がタゲであれば下がる。陣から引き離す。

自分以外がタゲであればターンエンドまで撃つを心がけよう。

 

これは中央陣だろうと外周内周回しでも同じです。

中央陣=固定砲台でいいという誤った解釈が先行していないだろうか?

 

なぜ常時ジャンプするのか?

今朝になってうさぎがこんなことを言い出しました

 

「なんでみんなジャンプするの?」

 

・・・これで2に勝ってます。3黄です。すごいでしょう?

なんで常日頃からわたあめ集めをしているのか?

答えはジェルハザード対策です。ジェルソルジャーのタゲ判断までしている余裕はありません。

ジェルハザードを喰らったらいてつくはどう効果です。火力がガクンと落ちます。

これをうさぎに説明したところ「めんどくさい」だそうです。

確かにめんどくさいですよね。ですがやらなければ勝てません。

あと、うさぎさんは「野良で行ってみたい」と言ってますが、

僕を含め周りの人間全員で止めています。

ここでアンケートをとりましょう

 

壁外しがいい例

壁外しについても議論の対象となっています。

ある程度の魔法使いや僧侶であればターンエンド前に当たりに来ます。

しかし下図のように陣に近い場合、壁を外したほうがいい場合があります。

壁外しを狙う

しかし事故につながる例もあるので事前の打ち合わせをしておいた方がいいでしょう。

これをやっていいのはエンド位置が陣近いかタゲが当たりに来ない人だった場合。

 

ブログランキング

タゲ時陣引き原則禁止

自分がタゲの時に超暴走魔法陣を敷くとすぐジェルザークに取られてしまうので原則禁止です。

固定PTやタイムアタックを狙うのであれば別ですが‥‥

陣引きダメ

ということで自分タゲで中止した図です。

それから陣はメラゾーマ3発撃ったら更新を心がけましょう。

 

最後に

今回は魔法使いの基礎をもう一度振り返ってみました。これだけでだいぶ変わってくると思います。

あとこのあとのPTでうさぎさんの雄姿が映ってましたのでこれで締めたいと思います。

うさぎが

メラガイアーでとどめ

とどめ

 

 

 

人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. いつまでたっても初心者 より:

    陣を更新するタイミングが分からなかったので、メラゾーマ3発撃ったら更新っていうのがすごく分かりやすかったです!
    他にも、自分タゲのときは陣置かないとか1にも2にもタゲ判断が重要とか基本のキホンのことを丁寧に解説してくれてとても分かりやすかったです!

  2. 匿名 より:

    僕もジェルザークに通い始めた頃は綿あめジャンプを理解していませんでした(ウサギさんと同じ?)
    最初は大ジャンプで滞空時間が延びた分、被弾が少なくなる?と思ってたのですが
    実際は着地した後もジャンプの判定が残るのが重要だったんですよね(´・ω・`)
    これ理解してなくて野良で一度怒られました。

  3. ひで@まじドラ10 より:

    >匿名さん
    あれは絶対野良に放ってはいけないものと重々承知しております。
    ちゃんと理解しない限りサービス終了まで野良には出せません

  4. 匿名 より:

    こういう説明助かります。動きがさっぱり分からなかったので。
    ウサギさんが野良でいじめられたらタイヘンなので、ぜひとも止めてあげてください。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください