邪神の宮殿「魔幻の覇王軍」を2つのブログを参考に攻略して検証してみたぞ(2019/9/10版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログランキング ↓1日1回クリックお願いします

タイトルを見て何のことだかと思うかもしれません。ブログを運営していてたまにこういう意見を頂きます。

「ブロガーは書きっぱなしで何の責任も取らない」

そう。なのでこのブログでは今のような比較的時間がある時に、過去記事は過去記事で当時の状況の攻略法を書いたものを再検証したり、最新の情報にアップデートしたりしています。

昨日のガナン帝国の勲章に関する記事がまさにそれで、ずっと長らく忠義の勲章のままでした。

ガナン帝国の勲章VS魔人の勲章VS職業の証 証枠をどうすればいいの?

理由はただ一つ。マイタウン金策が忙しかった。

今日はテンの日で魔法の迷宮で帝国三将軍カードがもらえますのでそれはそれで行きましょう。

 

そして今回はバージョン4.5現在の邪神の宮殿1~4獄の攻略の検証です。

スポンサーリンク

検証と言っても

通常検証というと、○○の特技を○回やって成功率はこれだけでした

などが多いですよね。

このブログでは多くの読者さん・プレイヤーの方が実践される

「他のブログや攻略サイトを見て攻略する」

です。

今回は9/10日午前中に記事をアップした2つのブログを参考に攻略

HIブログさん(午前6:56アップ)

あまりにも攻略記事をあげるのが早すぎないかという意見もあるかもしれませんが、

実際僕も毎朝スキルふりなおし込みでも20~30分で終わらせてます。

テキストテンプレートをある程度準備しておけば実現可能です。準備が大事だからな!

HOブログさん(午前8:40アップ)

邪神の宮殿の更新日は3獄を中心にアップ

ブログランキング

魔幻の覇王軍 共通

魔幻の覇王軍

魔幻の覇王軍は絵から倒そう。

料理は特に不要

レベル85条件のコンテンツです。レベル110はメインキャラならバージョン5までに間に合えば大丈夫。急がなくて大丈夫ですよ。

 

1獄

HAブログ:魅了対策が重要だよ

HOブログ:呪いさえあればいい

 

どちらも言っていることは正しいと思います。

ただですね。邪神はどうせみな呪われる・魅了されるものだと思っておいてください。

1獄は特にです。状態異常時のリカバリを意識(プラズマリムーバーなど)や弓ポンやキラポン。

今回の場合は冥府の地鳴り用にホップスティックで予防するかです。

固定でやってる人はこれができない。不測の事態への対応力が低い。

野良オートマ慣れをしている人はある程度全体のことが考えられる。

1獄の絵

でもね。開幕弓ポンでかぶってしまった。弓持ち同士・魔戦同士

フォースブレイクと弓ポンは仲良くね。魔戦2人いたら常時FB状態を作って絵をさっさと落としたい。

2獄

戦士・バトルマスターで嫌な予感がしないのだろうか?

こういう時は一歩引いて回復蘇生に回ろうと思ったが、このメンバーさんは回復蘇生の意識が高く、自分が出るまでもなかった。

バトルマスターの人が葉っぱやしずく使うだけでも神レベルですよ

2獄の絵

ここでさらにもう一歩。葉っぱからワンテンポずらしてしずくを撒いてみよう。

3獄は後にします。先に4獄を

4獄

HIブログ:戦士・僧侶・賢者・占い師が使えれば楽勝

占い師縛り時代から問題はなかったですよ?

さらに難易度落とした感がありあますけどね。

 

3獄

難しかった。

楽・・・?杖魔戦・・・?

HIブログとHOブログで見解が分かれているがやはりHOブログの方が言ってることは正しいと思う。

体上で呪い100を作るか指輪とベルトと宝珠で呪い100を作ろう。

両手杖しか使えないというのはそういうことなんだよ。

魔法使いは耐性免除と言われてた時代もあったが最近は少し違うようである。

3獄その1

HOブログではぶきみなひかりやぶきみな閃光やる魔法使いがいないと嘆いていたが

その通りだった。本当にしないんだ・・・

賢者は零の洗礼したい

3獄その2

がやることが多い

天地のカカロンに蘇生は任せていい。回復ときせきの雨・自分用にマホステも。ああ忙しい。

ぶきみ軽視は邪神3獄はやるのにジェルザークやらないのかそれとも魔戦のマジックアロー頼みにしているのか・・・

グレイブホールはどうしてもかわせない時がある。

なぜかというと場所忘れているか、床とエフェクトの色が似ていてわからなくなる時がある。

さらに発動時間に差があることも原因ではないだろうか。

スポンサーリンク

最後に

このように違った角度から攻略をすることもあります。

ブログは誰のために、何のためにあるのだろうと考える時もあります。

あとうちは正義のブログではありません。たまたま悪党じゃないけれど、死に場所を求めているのか問題起こす人が多いだけです。

人気ブログランキング

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください