【ネタバレあり】職人サブでナドラガンドは救えるか 嵐の領界編 第21話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログランキング ↓1日1回クリックお願いします

前回までのあらすじ

神の器が全員洗脳されたかさらわれてしまった。

そして5つの領界をつなげるとさらにまずい状況になるみたいなので翠嵐の聖塔へ向かう。

 

以下ネタバレを含むリンク

みなしクリア  第1話  第20話(前回)  全ストーリー

これより先はネタバレを含む内容となっています。閲覧の際はご注意ください。

スポンサーリンク

1.翠嵐の聖塔へ

翠嵐の聖塔へは最初に訪れた迅雷の丘の北へ向かう。

まず塔の入口のルーラストーンを記憶しよう。

まずルーラストーンに記憶

 

門番のウノジ、サノジから迅雷の丘の北東にいるファラリズブルを倒すように言われる。

倒したら塔に戻る。

 

2.翠嵐の聖塔の中を進む

今度は柱に雷を起こしたり消したり。

1階はどの順番でも大丈夫。

2階はまずキラーマシン2を倒し、あと2つを集めて

右から 入替・反転・招雷の順番で置く。

そして3階レベルに試練の門なのだが‥‥

 

3.試練の門 プラチナキング

ハッキリ言う。フィルグレアが弱体化された今、

3rdストーリー中最高難易度を誇るのはこいつだ。ラスボスより強い!

そりゃ試練の門募集が荒れますわ・・・

運営はここの弱体化をしないとライトが突破できないかもしれないのでしかるべきタイミングで弱体化を頼む。

 

おしつぶしが重なると300~570ダメージで戦士が2発で沈む。

こんなのライトが勝てるわけない!

恐怖のおしつぶし

僧侶は天使しておこう

マデュライトビーム

マヌーサ

いてつくはどう

がある。幻惑ガードが入っているサポは入れておいた方がいい。

マホターンはプラチナキングの特性上物理構成のみなので気にしなくていい。

とにかくおしつぶしを同時にまとめて複数人数で喰らわないようにすること。

変身はすべての姿がプラチナキングになるがステータスは変わらないので落ち着いてやろう。

ゴールデンスライムはゴールド的にはおいしいがすぐ逃げる。ここは逃がしておいていい。

残る3体スライムエンペラー・スライムマデュラ・プラチナキングを一体ずつ倒す。

基本HP満タン(常時300以上欲しい)。即蘇生。

エンペラー・マデュラを倒したらあとは会心引くのを待ってプラチナキングを倒す。しかも会心は複数回必要だ!

プラチナキングは当然メタル系でほとんどの攻撃が通じない。ひっさつの会心必中を引ければラッキーだ。

 

4.再び塔の中を進む

石盤の持ち主は

 

再び石盤を探す。今度は4つ。北と東の祭壇とメタルドラゴンとイエローファットが持っている。

台座に置くのは左から 反転・入替・封印

最後に一番右に全反転ですべての雷をつける。

4.翠嵐の聖塔の外を進む

招来の陣に触れることで招雷塔を作動できる。

進めなくなったらつむじ風を風車で向きを変えて飛んでみよう。

間違っても風を塔の壁や外に向けて飛んでみようとか試しちゃダメだぞ。絶対だぞ!

4つの招雷塔を作動させると黄色の風の輪に加えて緑の風の輪ができるのでそれに乗っていけばOKだ。

黄色の後は緑

石碑を調べてエルドナの問いに答えて昇降機を作動させる。

この後のボス戦は少し様相が違う。

 

5.BOSS:黒邪鬼アクラガレナと嵐魔ウェンリル

トビアスがチートしていたことに塔の番人ブチキレ。そこに嫌々加わることに。

珍しい三つ巴戦。黒邪鬼アクラガレナ・嵐魔ウェンリル・そして我々。

敵2体同士で撃ち合うこともあるし、こちらを狙ってくることもある。

サポは勝手にやってくれるが、両者こちらを狙ってきたときは注意。ダメージ量が瞬間増える。

・嵐魔ウェンリル

ライトニングバニッシュ(縮小化)

いかずち

フォースブレイク砲

ひかりのブレス

メルトハリケーン(与えるダメージ減・キラポン貫通)

死者の叫び声(呪いHP減)

・黒邪鬼アクラガレナ

連続かみつき

マダンテ

煉獄火炎

破甲の魔炎(受けるダメージが大きくなる・キラポン貫通)

どちらが先に落ちるかはわからない

大体のケースでウェンリルが最初に落ちる。状況を見て弱い方を叩こう。

 

6.ナドラガ教団大神殿へ

ついにエステラにも正体を明かした神官長ナダイア

囚われのアンルシアたちはナドラガ教団大神殿にいるのではないかと教えてもらいナドラガ教団大神殿に向かうがバリアが張られて進めない。

一度ムストの町へ戻り対策を練る。

 

このお話にかかった時間:50分

嵐の領界計:115分

次回より最終章。決戦が始まる。

人気ブログランキング

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください