【超ネタバレ注意】職人サブでナドラガンドは救えるか 最終章 第25話「3rdラスボス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ブログランキング ↓1日1回クリックお願いします

前回までのあらすじ

このストーリーの核心に触れた後、ついにラスボスと対峙する。

以下ネタバレを含むリンク

みなしクリア  第1話  第24話(前回)  全ストーリー

 

ネタバレのレベルが非常に高いです。これ以降の閲覧、フレンド・チームメンバーとの会話及び一般的な話題にする際は十分ご注意ください。

スポンサーリンク

これよりラスボスの記述ですが、既に強いバージョンは記載していますのでそちらも参照してください

【超ネタバレ注意】バージョン3.5ラスボス攻略法 最終版

以下は「弱い」を選択した場合です。

もし難しい場合は仲間検索を使いましょう。

条件はこちら。白塗りで潰しのところには神墟ナドラグラムが入る

仲間検索をしてみよう

 

虚空の神ナドラガ

????系である

虚空の神ナドラガは真やいばくだきは入らない。兄弟姉妹が参戦

天変地異・風:ショック(キラポン貫通)

天変地異・雷:感電(キラポンで防げる)

天変地異・氷:フィールド広範囲ダメージ

天変地異・焦:対象直線ダメージ これはかわせるようだ

虚空神の福音:フィールド広範囲ダメージ・移動速度ダウン(キラポン貫通)

感電は毒に比べれば楽。最大HPの5%のスリップダメージ

兄弟姉妹は錬金でニコちゃんを作り出す。ニコちゃんはダメージを代わりに受けてくれる。このスキに立て直そう。

白潰しはネタバレ対策です

倒すと闇の根源の力で最終形態に。

本当に竜族の神で竜族を愛しているのかといったら

1万年と二千年前から

だそうでバトル開始

 

2.邪竜神ナドラガ

邪竜神ナドラガはドラゴン系。ここで聖大剣アスカロンのドラゴン系特攻20%が本領発揮だ。

この戦いにはエステラが加わる。闘魂の陣をうまく活用しよう。

 

固定型ボスです。イメージとしては魔炎鳥に近い。

領界召喚・水以外の共通行動

なぎはらい:安全地帯は直下。腹のあたりに移動しましょう

各領界に応じたブレス:横によけてよけられる場合があるので思いっきり横によけてみましょう

たたきつける:ナドラガから離れましょう

邪竜神のさけび:各種状態異常を引き起こします。これも離れればかわせます。

これらも見てかわすで大丈夫です。

 

ステージ遷移

領界召喚・炎:少しダメージを与えると変化、大空の神罰で隕石を落とす。床を見てかわそう

床が光ったら移動

どうしてもナドラガの攻撃と床ダメージ両方喰らう場面は片方にすること

領界召喚・氷:凍てつく地脈で凍結する陣を作る。レグナードと一緒。

領界召喚・闇:仲間を呼ぶ。アッシュリザードと黒飛竜。これらはぶんまわしとビッグバンなどで早めにやっつけよう

この間に名前が黄色くなる。

ここからはCT技(戦士は真やいばくだき・全身全霊斬り・プラズマブレード・占いは魅惑の水晶球はとっておく。水に移る直前に魔王を使うのはOK)

 

領界召喚・水:これが一番難しい

各種水流攻撃をフィールド全体に放ってくる。どんどん攻撃が強くなってくるので、

回復は僧侶及びエステラに任せダメージを与えることを最優先に。ここは脳筋でいい。

戦士は渾身斬りとプラズマブレード・全身全霊斬り

占いは魔王→水晶→戦車

それぞれエステラが闘魂の陣を引いてくれていたらテンションアップを有効活用しよう。

弱いならさほど問題なく抜けれるはず。

 

領界召喚・闇:ここからしっぽが登場する。もう一息だ。

しっぽが直接つつくわけではないので床とナドラガを見ればいい。

 

とにかくフィールドにダメージ予告が大量に出るのに加えてナドラガの攻撃をかわす。

どちらもむやみに攻撃するのではなくかわすのが優先だ。

安全地帯をつぶされた例

上記写真のようになぎはらいとレーザーで安全地帯をつぶされたら片方だけ喰らう&即回復準備

 

途中で「グランゼニス~」の文字が見えると天地破砕で広範囲ダメージ+転び

 

僧侶であれば聖女できればキラポンを切らさない。天使もね。

状態異常の種類が多くキラポンじゃないとやってられない。

特に水では聖女を全員に。攻撃が来たら即全員を全回復の準備

水で戦士が死ぬと戦局がどんどんヤバくなるぞ。

 

見事倒せれば感動のエンディングだ。みなしクリアもここですべてが解除される。

ここまでの所要時間:15分(エンディング全スキップです。ゆっくり見て大丈夫ですよ)

最終章計:115分

 

最終回じゃないぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。(本当に次回が3rdの最終回)

クエスト465 生き返る村へ

人気ブログランキング

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください